3月27日フリースタイルダンジョンまとめと感想

先週に引き続き「BLACK  MONSTER」vs 「二代目モンスター」です。

ルールは10 vs 10の勝ち抜き戦。二代目モンスターチームには3名追加される。

 

二代目モンスターのメンバー(×は既に負けた人)

  • 呂布カルマ
  • FORK ×
  • ACE ×
  • 裂固 ×
  • 崇勲
  • 輪入道
  • 漢 a.k.a GAMI ×
  • DOTAMA        ×
  • ?
  • 般若

 

BLACK MONSTERのメンバー(×は既に負けた人)

  • 晋平太
  • peko
  • SAM   ×
  • 9for            ×
  • Novel Core ×
  • ミステリオ ×
  • じょう ×
  • CIMA  ×
  • BASE ×
  • ID       ×

 

二代目モンスター 6人目: 崇勲

 

前回に引き続き二代目モンスターチームは崇勲です。

 

created by Rinker
¥4,400 (2020/10/24 06:25:55時点 楽天市場調べ-詳細)

BLACK MONSTER 9人目: peko

 

初代モンスター R-指定を輩出した梅田サイファー出身。

ラッパー・DJ・トラックメイカーとマルチな才能を発揮。

 

4th season Rec6 シングル戦 初出場

ラスボス般若に敗北を喫した。

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

Hustle Hard/Ace Hood

 

(先攻)peko – 崇勲(後攻)

 

先攻、pekoはブラックモンスターをレペゼンし、「pekoリン」「デコピン」と

韻を踏みます。この「デコピン」は直前の戦いで崇勲が言ったものですね。

直前の戦いの内容を覚えていて、さらに自分のラップに取り入れるのはすごいですね。

更に「お前がモンスター それおごり 俺が持ってんのは誇り」とサンプリングします。

これはREVAのサンプリングですね。ついでに「ここに」「ホトトギス」で韻を踏みます。

 

対する崇勲は「誇り」「踊り(踊りながら)」「大トリ」「いつも通り」と韻で返します。

個人的に「今日は大トリ 般若まで回させない いつも通り」のラインが好きです。

自分で残りのブラックモンスターを倒すという意思が感じられます。

その後は聞いていて気持ちのいい倍速のラップを披露しました。

何気にフロウありますよね。

 

2バース目、pekoは「Dream drive」「SOUL’d OUT」で返します。

これはSOUL’d OUTというグループのDream driveという曲ですね。

その後は「倍速で勝てるつもりか」「髭剃れ」とdisをします。

この手のdisは相手はアンサーせざるをえないので、いいdisですね。

 

対する崇勲は「倍速やめた」と素直です(笑)

この素直さ好きです。

更に「俺の髭は剃れません お前の話が逸れたぜ」とアンサーします。

このラインはMEGA-Gが言ったラインですね。

そして、その後倍速でやっちゃいます(笑)

ほんと好き(2回目)

最後の「晋平太を出しな」はカッコよかったです。

 

結果は32でpekoの勝利。

納得の審査結果でした。

ROUND2

 

BATTLE BEAT

Kill Me/WILYWNKA

 

(先攻)peko – 崇勲(後攻)

 

先攻、開始直後pekoはAKLOの「RED PILL」をサンプリングします。

これは沸きますね。

その後「有毒ガス」「注目株」「一撃必殺瞬獄殺」と面白い韻を踏みます。

この「瞬獄殺」はストリートファイターの豪鬼というキャラクターの必殺技です。

なんでもpekoは格ゲーが上手いとかなんとか。

でも、LiLyや いとうせいこうは理解できるのでしょうか。

 

対する崇勲は「2本目なのに一撃必殺?」と矛盾をつきます。

この返しはいいですね。正しいと思います。

でも、その後攻めづらそうに感じました。

 

2バース目、「武器になる」「クリミナル」「クリティカル」と様子見の韻を踏みます。

更に「負けすぎ危機感足んない 俺いつでもKeep One hundred」と韻を踏みながら、

ダンジョンでの崇勲の戦績をdisります。

そして最後に自分のことを「MCの最高峰」と言って締めます。

 

対する崇勲は最高峰に対して「嘘つくな 馬鹿野郎」と返します。

これはダメな返しのような気がします。

マルチな才能かつバトルでは般若まで行ったpekoは最高峰に近い位置にいると思います。

そのpekoを嘘つき呼ばわりするのは悪手だと思います。

会場も沸いていませんでした。

その後、自虐で盛り返そうとします。

その自虐に対して首を横に振るpekoはほんとカッコよかったです。

 

結果は41でpekoの勝利。

納得の審査結果でした。

 

二代目モンスター 7人目: 輪入道

 

pekoとは4th season Rec6で対戦した。

pekoの「言葉で刺す」を「物理的に刺す」と勘違いしてしまったのか

これが原因で敗北を喫した。

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

Rack City/Tyga

 

(先攻)peko – 輪入道(後攻)

 

先攻、pekoは1年前のダンジョンでの対戦を話題にして輪入道に変わっていないとdisをします。

そして、「年上だけどチャレンジャースピリットは持ってきた」「前回以上の試合にしたい」と

言いたいことを真っすぐラップをしました。

輪入道に対していい戦い方だと思います。

 

対する輪入道も前回以上の試合にしたいと宣言します。

前回は中途半端で「刺せコラ 刺せコラ」と自分はダサかったと反省をします。

ここでもpekoは首を横に振ります。

最後に「目掛けたぜ」「色眼鏡はね」と踏んで締めます。

 

2バース目、「色眼鏡」「2度目はねぇ」と軽く踏み返し、自分も「刺す」という

ダサい言葉を言ってしまったと輪入道に話を合わせます。

最後に輪入道の出すアルバムが楽しみ、その上で超えさせてもらうというdisではなく

リスペクトに重きを置いたラップをします。

 

対する輪入道は「打ち砕かれた」「疲れた」「迎えない」「フラれた」「比べたい」と

しっかり確実に踏みます。

特に最後の「立たせる鳥肌 千葉県の言葉の取り方」は上手いですね。

また、全体的に落ち着きながらもバイブス高めで会場を支配していました。

 

結果は14で輪入道の勝利。

納得の審査結果でした。

ROUND2

 

BATTLE BEAT

ラストエンペラー/K DUB SHINE

 

(先攻)peko – 輪入道(後攻)

 

先攻、pekoは「鳥肌」「乗り方」、「崩し方」「クローズの漆原」とキレイな韻を踏みます。

そして、このバトルを「リリックに変えるぐらいこのバトルを全国放送で流す」とカッコいいことを

ラップして締めます。

 

対する輪入道は「全国放送」「全力モード」「遠慮はねぇよ」と直前でpekoが言った言葉で踏みます。

バイブスと内容が重視されつつあった空気の中、フロウをしながら踏んだ輪入道はカッコいいです。

会場も一気に輪入道よりになったように感じました。

最後の「俺である事を誇る そういう奴らが最後に残る」はサンプリングですかね。

どちらにせよ、この輪入道が言うからこそ意味があってカッコよく聞こえます。

 

2バース目、pekoは「遠慮」「勉強」「エンジョイ」「熱唱」と韻を踏むのですが、

内容ではなく韻を重視した時点で、輪入道の気迫に押されているんだなと思いました。

しかし、途中でボイススクラッチを入れてラップをすることにより、再び会場をpekoの空気にしました。

これは流石ですね。

最後に「魑魅魍魎」「肉切り包丁」と韻を踏んで締めます。

 

対する輪入道は「肉切り包丁は京都」で始めます。

肉切り包丁は京都のMCです。

その後は「房総半島」「好感度」「評判も」「常磐道」「All night long」

「冗談っしょ?」「完成度」と最後まで踏み切りました。

しかも最後にボイススクラッチを入れて余裕まで見せていました。

この輪入道は強すぎじゃないでしょうか(笑)

 

結果は05で輪入道のクリティカル勝利。

納得の審査結果でした。

 

 

 

まとめ

 

  • peko vs 崇勲

まず崇勲相手に2本とも先攻はかなり凄いと思います。

あと、サンプリングが多かったですね。

内容はサンプリング、韻、フロウ、ゲームなどの幅の広さ、色々なものを見せてくれて

飽きさせない内容だったと思います。

 

崇勲は2本とも後攻で有利だったんですけど、残念でしたね。

pekoのことは見下せないし、バカにできないし、disもしづらい相手だと思います。

そういう相手に崇勲は苦手傾向があると思います。

でも逆の相手にはかなり強いです。

 

  • peko vs 輪入道

pekoはまた2本先攻です。ほんと凄い。

インタビューで「気合で負けてはいけない」と言っていた通り、

バイブス勝負に出ましたね。

ですがそれ以上に輪入道の方がバイブスが高く、内容もあり、その他のスキルでも

劣ってしまったように見えました。

今回は2人目で負けてしまいましたが、再びインパクトは残せたと思います。

3代目モンスターになるか分かりませんが、今後の活躍に期待です。

 

輪入道は覚醒していましたね。特に2ROUND目。

1ROUND目はスロースタートと言いますか、小細工はせずに、

しっかり地に足をつけてラップをしているように見えました。

そして2ROUND目にバイブス、韻、フロウ、内容、ボイススクラッチ全てを

見せて、圧倒しました。

やはり、変なことをせずにラップする輪入道は強いです。

まぁUMB本選、KOK本選出てる時点で弱いわけないんですけどね(笑)

 

それにしてもpekoはほんとカッコいいですね。

相手の自虐に対して首を横に振るのは最高ですね。

また、くらった時は素直にくらったリアクションをするのも好きです。

ますます応援したくなりました。

 

オススメDVD

created by Rinker
¥4,400 (2020/10/24 06:25:55時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,349 (2020/10/24 01:25:20時点 楽天市場調べ-詳細)