4月24日フリースタイルダンジョンまとめと感想

先週に引き続き「BLACK  MONSTER」vs 「ダンジョンモンスター」の団体戦です。

ルールは8小節1本勝負。勝利した側にポイント。

 

ダンジョンモンスターのチーム編成

  • 裂固×輪入道×ACE
  • DOTAMA×崇勲
  • 呂布カルマ×R-指定
  • FORK×漢 a.k.a GAMI×般若

 

BLACK MONSTERののチーム編成

  • じょう×9for×Novel Core
  • SAM×ID
  • peko×晋平太
  • ミステリオ×CIMA×BASE

 

7試合目:呂布カルマ×R-指定×般若 vs ミステリオ×CIMA×BASE

 

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

Now You’re Mine / Gang Star

 

(後攻)ダンジョンモンスター – BLACK MONSTER(先攻)

 

先攻、まずはCIMAが呂布カルマとR-指定をメインディッシュに例えて『ペロリいただきます』とdisります。

このメインディッシュのくだりは何回か見たことあります。

続いてミステリオが『KING OF KINGS』『キックボクシング』と踏みます。

最後CIMAが『俺らを頃してみろよ こいつら2人コンプラビデオ』で締めましたがコンプラが分かりません。

 

対するダンジョンモンスターは呂布カルマが自分たち2人を『王様と神様 』と例えます。その通りですね。

その後『バチバチならない』『バチバチ鳴らない』と踏みます。字幕ないと分かりませんね。

続いてR-指定が両チーム出身が同じだが、こちらは王者2人と自負します。

あとは流したような感じでした。

 

2バース目、CIMAが王者と名乗ったR-指定に対し『王者』『坊や』で踏みます。

また『いつの話しをしんねん』とdisります。

続いてBASEが2小節草ネタラップをして、最後にミステリオが『完全充電』『安全運転』で踏みます。

 

対するダンジョンモンスターは呂布カルマがR-指定の代わりに『今年の王者』とkokの話題を出します。

後半4小節はR-指定がCIMAが『メインディッシュ』としてきたdisに対し、3人を『小鉢と小鉢と小鉢』と

キツいdisをします。最後に『終わり』で踏んでしめます。

 

3バース目、CIMAが『TV上のメインディッシュ』と言っていましたが、よく意味が分かりませんでした。

ですがR-指定に対して『裏でプロデューサーに操られてる いつまで出てんねん』のdisは良かったと思います。

その後、ミステリオが『現場慣れ』『人間離れ』と踏んで、最後にBASEがおそらく草ネタで締めました。

おそらくというのはコンプラが分からなかったからです。

 

対するダンジョンモンスターは呂布カルマが『お前らも呼ばれて来てんじゃん』とアンサーを返します。

いい返しですね。

その後はR-指定が最後までラップします。

特に最後のミステリオに対しての『ノリは大学の学生くん』『ナメられる 大阪のギャグセンス』はヤバかったですね。

テレビの前で思わすニヤけてしまいました(笑)

実際BLACK MONSTERと味方の呂布カルマもくらっていました。

 

結果は 50 でダンジョンモンスターの勝利。

納得の審査結果でした。

 

8試合目:FORK×漢 a.k.a GAMI×般若 vs じょう×9for×Novel Core

 

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

Reason(This is why we rap) feat.ZEEBRA,Mummy-D,MACCHO / DJ PMX

 

(先攻)ダンジョンモンスター – BLACK MONSTER(後攻)

 

先攻、般若から始まります。

まずはNovel Coreを軽くイジり『組み割れよ』『こだわれよ』と脚韻を踏みます。

次に狙いをじょうに定め『YO』『今日』『調子』『どう』『尿道』『トーキョー』と細かく踏みます。

また、このときのフロウも独特で聞いていて気持ちよかったです。

なんと最後まで般若1人でラップします。

このラスボスが1バース目全部ラップするのカッコよすぎません?

 

対するBLACK MONSTERはNovel Coreから始まり『総料理長』『想像以上』『上昇志向』『放送事故』と踏みます。

後半4小節はじょうが般若のスーツをイジり、最後に『ピーナッツバター』『チ〇カス般若』と踏んで締めます。

仕込んできましたね。

 

2バース目、FORKがじょうが言った韻に対して『品格がな』と踏み返します。

さらに『経験の差』『ヤベェラップしていけんのさ』と踏みます。ヤバいですね。

その後は漢が言うことが無い中でも『目と目』『レントゲン』、『小僧共』『Dopeな方』と踏みます。

十分すぎますね。

 

対するBLACK MONSTERは9forが漢の言った『小僧共』を拾い、『横浜代表』『大人の対応』と踏みます。

即興の部分が見えて好感が持てます。

後半4小節は『ライム合わせ』です。『パクリ』『作詞』『火あぶり』『いかずち』とみんなで言います。

ワイプのダンジョンモンスターは笑っていました。

 

3バース目、般若がピーナッツバターを拾い『体脂肪』『態度どう?』と踏みます。

そして『目上を敬えないでぶちかましてこい』と懐の広さを見せます。

続いてFORKが『お気に入りのライプを置きにいってる』と最高のライムを放ちます。

これは2019年バトルシーンの流行語になりそうです。

最後に般若が『三軒茶屋』『残念だわ』と踏んで締めます。

ありきたりですが、般若が言うとなんかいいですね。

 

対するBLACK MONSTERはNocel Coreが『残念だわ』に対し『シャンペンタワー』と踏み返します。

気になったので調べてみましたが、『シャンペンタワー』という言葉はなかったです。おそらくシャンパンタワーですね。

その後般若に対して、『品格がな』『いつもいいスパンで出てくる一発屋さん』と踏みながらdisります。

いいdisですねー。大体的を得てますね。

後半4小節は『ライム合わせ』です。(2回目)崇勲が目を手で覆って大爆笑してます(笑)

『GAMI』『刃牙』『一網打尽』『ピエール瀧』と踏みます。

 

結果は 50 でダンジョンモンスターの勝利。

納得の審査結果でした。

 

created by Rinker
¥4,400 (2020/07/13 12:47:52時点 楽天市場調べ-詳細)

9試合目:裂固×輪入道×ACE vs peko×晋平太

 

スタッフ「pekoは?」

ACE「ブサイクな方」

裂固「う~ん」

輪入道「・・・。」

このくだり好き(笑)

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

Adrenaline / 高江 優一郎(Wheat Cat)

 

(後攻)ダンジョンモンスター – BLACK MONSTER(先攻)

 

先攻、pekoが『試合』『期待』『時代』と踏み、

晋平太が『地雷』『時代』『おしまい』とiaiで4小節踏み続けます。

後半4小節はpekoが『終わり』『始まり』『俺達』『バチバチ』と脚韻を踏み

晋平太が『バチバチ』『たちまち』『始まり』『わだかまり』『轍』と踏みます。

踏み方がTHE・晋平太ですね。

 

対するダンジョンモンスターは裂固が2小節毎にラップする2人を『うっせぇんだ』とdisりつつ『運転者』と踏みます。

続いてACEが晋平太に対し『お前がお笑いの時代はまだまだ終わらない Aright?』と手厳しいdisをカマします。

そして『文明化』『晋平太』『ちゃちな韻ばかり踏んでんな』と踏みながらdisります。

ちゃちな韻はブーメランになる可能性あるので危険ですね。

 

2バース目、pekoが『乗りこなす 2tトラック』『轢き頃す 日本語ラップ』と言っていましたが、逆ですね。

続いて晋平太が『日本語ラップどころかヘリコプター』『ヘイトすら』と踏んでいましたが、これも意味がイマイチですね。

次にpekoが晋平太がの『ヘリコプター』に『イベリコ豚』で踏みます。これも意味が(ry

全体的に調子が悪かったバースですね。

 

対するダンジョンモンスターは輪入道が『イベリコ豚 オリーブオイル飲んどくか 腐肉喰らうコンドルだ』と踏みつつ良いアンサーをします。

そして『ポンコツだ』『紺野ぶるま』と踏みます。『紺野ぶるま』下ネタなぞかけをする女芸人のことです。

後半4小節は裂固が『日本語ラップ』『心臓とチャンス』と踏みます。

いいバイブスですね。

 

3バース目、pekoがラップするのですが目の前で壁になったるACEが邪魔すぎ(笑)

気が散ったのか固く踏むことができず、なんとなくで終わったしまった感じです。

後半4小節は晋平太が『ターゲット』『シヤーベット』『パーフェクト』と踏みます。

この踏み方個人的に好きです。

 

対するダンジョンモンスターはACEが『パーフェクト』に対し『勝てんぞ』と踏み返します。

続いて『カーテンコール』『レッドカーペット』と踏みます。カーテンコールは予測できた人が多そうですね。

後半4小節はバイブスをかなり上げてラップします。

ただ、この時に言った『鉄火巻きより結果出してる』は意味が(ry

youtubeのコメントでも話題になっていました。

 

結果は 50 でダンジョンモンスターの勝利。

納得の審査結果でした。

 

10試合目:DOTAMA×崇勲 vs ミステリオ×CIMA×BASE

 

ROUND1

 

BATTLE BEAT

暴言/KAN,PRAIMAL,02,大華,SHINGO☆西成,MEGA-G,メシアTHEフライ,SATUSSY,ERONE,HIDADDY,志人

 

(先攻)ダンジョンモンスター – BLACK MONSTER(後攻)

 

先攻、崇勲が直前に般若がモンスタールームで言っていた、水の話題を持ち出します。

そしてDOTAMAがツッコミます。

続いてCIMA,BASEを『犯罪者 犯罪者』、ミステリオを『大学生』とdisし、

ミステリオを『〇麻くせぇ』と踏みつつdisります。

このバースはいいと思います。

 

対するBLACK MONSTERはCIMAが『〇麻なんてしょせんは軽犯罪』と言っていましたが、驚きです(笑)

続いてミステリオが崇勲に『スベってんでお前の即興』『バンデランスみたいにド派手に登場』と踏みます。

バンデランスはおそらくスペインの劇団員のことだと思います。

BASEかと思いきやCIMAが『お前らの彼女のセイカンタイ揺らして濡らしてやる』と踏みます。

最後に『ブリッブリ コンプラでBASEが締めます。

 

2バース目、崇勲が『彼女きてるからセイカンタイ言わないで』とボケて、なぜかBASEを褒めます。

続いてDOTAMAが『彼女いたの!?知らなかったよ』とツッコミます。

そして『スベったのは自分 お前的外れ』と崇勲をフォローします。

最後にもう一度『〇麻くせぇ』と天丼でdisります。

 

対するBLACK MONSTERはミステリオが『セイカンタイ』『計算内』と踏み、

CIMAが『的外れ』『鳩サブレ』と踏み、BASEが外見で勝ってると余裕を見せます。

最後にもう一度CIMAが『3人組』『斬新すぎ』と踏んで締めます。

 

3バース目、崇勲が関西弁でラップをします。

このとき、じょうが首をかしげていましたが関西弁のイントネーションについてだったのでしょうか。

後半4小節はDOTAMAが『乾布摩擦』『抹殺』『圧迫』、『圧勝』『Word up』と踏みます。

やっと毒が少し吐けた感じですね。

 

対するBLACK MONSTERは『客全部』『ギャグセンス』と踏み、

BASEが『怖いお兄さんが狙ってる』とラップします(笑)

次にCIMAが『スナイパー』『半端ないな』『I’mライマー』『甘ないか』と連続で踏み、

最後にミステリオが『まずは右ひざ』『俺のお兄ちゃん東幹久』で締めます。

ここだけ面白かったですね(笑)

 

結果は 14 でBLACK MONSTERの勝利。

わたしはBLACK MONSTERのクリティカルだと思いました。

 

まとめ

  • 呂布カルマ×R-指定×般若 vs ミステリオ×CIMA×BASE

R-指定が前回のバトルより一段階ギアを上げていたように見えました。

といっても、全然本気出していないと思いますが。

最後の『学生くん』『ギャグセンス』の落としがあそこまで盛り上がったのは、

みんなが本当にミステリオの面白さが大学生レベルだと思っているからでしょうね。

こういう的確なdisは健在ですね。

呂布カルマも良い感じに力抜いて、ユーモアあるラップでした。

これでも強いのが呂布カルマの恐ろしさですね。

 

BLACK MONSTERはドリームチーム戦の時とあまり変わりがなかった印象でした。

草のBASE、即興のCIMA、ネタのミステリオでした。

ダンジョンモンスターの印象が強すぎて、こちらのチームの印象が残りませんでした。

  • FORK×漢 a.k.a GAMI×般若 vs じょう×9for×Novel Core

1バース目全部般若がラップしたのはカッコよかったです。漢気を感じました。

また、言うことがないであろう若手に対して会話していて面白かったです。フロウも最高でした。

漢も前回はしどろもどろでしたが、今回は言うことが無くてもしっかりカッコいいラップでした。

FORKは安定してますね。『お気に入りのライムを置きにいってる』のラインは最高でした。

関係ないですがドリームチームのターンのとき、ワイプのBLACK MONSTERが真面目に見てるのが好きです。

 

BLACK MONSTERは9forぐらいしか即興じゃないですね。他の2人はほとんどネタでした。

一つ疑問なのは、『ライム合わせ』をなぜドリームチームに対してやってしまったのか。

周りはそんなの見たくないんですよね。

見たいのは『若手がレジェンドにどう喰らい付くか?即興で何を言うのか?』なんですよねー。

ライム合わせは同レベルの相手にしか通用しないと思います。

ダンジョンモンスターがワイプで笑っていたのが印象的でした(笑)

  • 裂固×輪入道×ACE vs peko×晋平太

2チーム、それぞれ個人が自分の良さを発揮できていたと思います。

輪入道もバイブス上がっていましたし、ACEも適当に良いラップでしたし、裂固も全く憶していませんでした。

pekoと晋平太は上手いが故にドキドキハラハラ感が無かった気がします。

勝敗の分かれ目はここですかね。

あと、ビートがダンジョンモンスターに少し有利かな?と思いました。

 

  • DOTAMA×崇勲 vs ミステリオ×CIMA×BASE

ダンジョンモンスターの2人はもうダメな気がします。

相方に向かってラップしていいのは、勝っていて余裕のある場合やメチャクチャ面白いことを思いついたときだけだと思います。

これはモンスター時代のサイプレス上野を見て学んでいると思ったのですが。

2連敗しているダンジョンモンスターがそれをやっても周りから見たらイタいし寒いだけです。

なぜ毒を吐かないのか分からないです。

 

BLACK MONSTERはERONEが解説で言っていた通り、CIMAがボケに周っていました。

これによりいいグルーヴが生まれていたと思います。BASEはいつも通りでした(笑)

 

オススメDVD

created by Rinker
¥4,400 (2020/07/13 12:47:52時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,154 (2020/07/12 21:18:22時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,850 (2020/07/13 13:20:37時点 楽天市場調べ-詳細)