9月25日フリースタイルダンジョンまとめと感想。裂固,崇勲ありがとう!!

今週から三代目モンスターの最後の席を賭けた戦いが始まりました。
出場メンバーは、
・T-TANGG
・じょう
・peko
・TK da 黒ぶち
・裂固
・輪入道
・ACE
・崇勲

第5試合:裂固 vs 輪入道

BATTLE BEAT
試合結果

I’m Not a Player / Big Pun
05

裂固と輪入道どちらにとっても残酷な試合ですね。裂固からしたら自分がラップを始めた憧れの存在を倒さなければならない、輪入道にとっては憧れていてくれる後輩を倒さなければならない。しかも先日まで仲間だった。本当に残酷です。裂固は相手が憧れの存在ということで特に言うこともなく、言葉に詰まったりしてやりづらそうでした。一方、輪入道もやりづらいに決まっているのですが、そんな表情は一つも見せず先輩としてあるべき姿をしっかりと見せてくれました。とくに最後の「責任を取るちゃんと目見て これがお前を生んだ男のけじめ」のラインは漢として最高にかっこよかったです。
試合後、裂固は涙を流していましたが、おそらく今までのダンジョンを思い出したり、最後の相手が輪入道でその輪入道が全力でぶつかってきてくれて受け止めてくれたことに涙を流したのだと思います。本当にここまでよく頑張ったと思います。おつかれさまでした。

第6試合:TK da 黒ぶち vs 崇勲

BATTLE BEAT
試合結果

ROUND1
Real Gangstaz feat. Lil Joon  / Mobb Deep
41

ROUND2
Locohama Locsta  / MACCHO
41

TKと崇勲、この長い関係の2人だからこそお互い無駄なdisり合いはせず終始リスペクトのある試合でした。しかし、その中でも「モンスターってのは常に先攻」「磨いとけちゃんとオリジナル」などメッセージを伝えて、モンスターとして最後の役目や責任を果たそうとする崇勲の姿は本当にかっこよかったです。TKもそれに応えるようなラップでお互い最高でした。できれば一緒にディズニーランドに行ってほしいですね(笑)
初代もそうでしたが、最後の試合は本当にみんなかっこよくて強いですよね。KOK2015の崇勲を思い出させるようなラップでした。

まとめ

  • 裂固、おつかれさまでした。
    モンスターになったばかりのときに4連敗をしたときは心配しました。しかし、同世代との勝負ではほぼ負けることなくなり、黄猿・SURRY・NG HEAD・BASE相手にジャイアントキリングするなど大きく成長しました。また、ブラックモンスターと維新軍相手に4連勝したりもしました。R-指定がコメントで「色々な修羅場をくぐってきた。他の奴では勝てないような礎、基盤ができた」と言っていましたが本当にその通りだと思います。音源もどんどん良くなってきていますし、音源にも注目していきたいですね。本当におつかれさまでした。
  • 崇勲、おつかれさまでした。
    思い返してみると、ダンジョンでの崇勲のラップは『勝つ 串カツ』『俺の勝ち』など攻撃性が無かったり、自虐のラップが多くて勝てなかった印象です。要は優しすぎたんですよね。でもSIMON JAPに『kokでの崇勲どこいったんだよ』など言われて、以降の崇勲は変わったと思います。優しさは残っていたものの、攻撃性のあるラップをするようになりました。FORKを倒してノってるSAMを倒したりなど活躍したときは嬉しかったです。苦労したと思いますが、本当に本当におつかれさまでした。

オススメDVD

created by Rinker
¥3,072 (2020/08/07 23:35:04時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,400 (2020/08/08 10:11:24時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,282 (2020/08/08 10:11:24時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,850 (2020/08/08 10:45:09時点 楽天市場調べ-詳細)