12月11日フリースタイルダンジョンまとめと感想。ERONEこのままで大丈夫か?

ブログランキング・にほんブログ村へクリックお願いします!

フォローお願いします!

ここまでチャレンジャーが若手ばかりで昔の雰囲気が戻ってきた気がしないでもない。

チャレンジャー:NOuTY

グラサンがでかいと思ったのはわたしだけでしょうか。

1st BATTLE:ERONE

Round1

BPM:MIDDLE
TURN:8×2
New Life feat.ELIONE / TKda黒ぶち

ERONEの1バース目の『過酷だぜ』『遊ぶだけ』『後腐れ』『顎砕ける』のライムはパフォーマンス含め完璧だと思いました。ありがちな韻ではないのも加点部分ですね。ですがその後『後腐れ』を言い直したり、ありがちな韻になったしまったのは残念でした。最後まで突っ走ってほしかったです。2バース目も同様でイマイチでした。
対するNOuTYの『顎砕ける』を拾い「ハイキック→レミーボンヤスキー→Kick’in the verse」に繋げるのは見事としかいいようがありません。ちなみにレミーボンヤスキーは格闘家の名前です。懐かしい。2バース目もERONEが輪入道の名前を出したことに対しアンサーを返しつつGADOROの曲のサンプリングを入れるなど試合巧者の一面も見せてくれました。最後の「アンタみたいな大物喰いたかったぜ」もチャレンジャー気質溢れていて最高でした。

結果は32でNOuTYの勝利
納得の審査結果でした。

Round2

BPM:LOW
TURN:8×2
俺はやる / 輪入道

「ナイスDJ!でも、ERONEまたLOWビートか・・・」と思ってしまいました。
やっぱりLOWビートだとERONEは乗りづらそうですね。それでも韻は固くウィリアム・テルの件は聞いた事無かったので面白かったです。ですが直後に「違うぜ」と言うのはどうかと思いました。直前に行ったの無駄になりません?つないだり踏んだりするためとは言えこれは好きになれないです。これはERONEに限らず他のMCもそうです。
対するNOuTYの「弱肉強食」という言葉を出し「弱いヤツが強い肉のヤツを食って強くなる」は良いですね。意味が違いますがきっとこれが【NOuTYの弱肉強食】なのでしょう。かっこいいです。また、ビートにもなっている輪入道の「俺はやる」のサンプリングをしていて輪入道をリスペクトしている気持ちが伝わってきました。2バース目も「胸に突き刺さんねぇ言葉だったら吐かねぇ方がマシ」など正論があり勝負ありでしたね。

結果は41でNOuTYの勝利
納得の審査結果でした。

2nd BATTLE:TKda黒ぶち

Round1

BPM:MIDDLE
TURN:8×4
I Get Lifed / KC & The Sunshine Band

最初から最後まで2人ともかっこよかったです。その中で何が勝敗を分けたのか。それはズバリTKの方が終始正論を言っていた(返していた)ことと意味のある言葉を吐き続けていた点だと思います。もちろんフロウやライムも優勢でした。NOuTYは必死に喰らい付いていたのですが、つなぐために意味の無い言葉を吐いたり、「誰に言われようと出してるヤツが1番偉い」など共感を得られないことを言っていたように感じました。

結果は14でTKda黒ぶちの勝利。
わたしはTKda黒ぶちのクリティカル勝利だと思いました。

Round2

BPM:LOW
TURN:8×2
Enigmatic / 呼煙魔

この試合はNOuTYのアンサー力と対話力が光った試合だと思いました。TKの1バース目最後で「どこの地方がヤバかったか聞きたい」という問いに対し、すぐさま「広島の街がヤバかった」と返しました。続けて関連する核の話題を持ち出しNOuTYが広島で体験したこと、感じたことを含んだ素晴らしい内容のラップをかましました。このバースは社会性も含まれていて、いくらTKでもアンサーを返すのは困難だと思ったのでこれでほぼ勝負ありだと個人的には思いました。
でも流石TK。真正面から受け止めた上で、ほぼ完ぺきに近いアンサーを返してくれました。「修学旅行でくらった」は笑いそうになりましたが(笑)
ですが再度NOuTYが広島の話題を持ち出し最後に「残した成果で頃したhatar 呂布カルマ以外お呼びじゃねぇんだよ」とパンチラインを繰り出し勝負ありでした。

結果は41でNOuTYの勝利。
わたしはNOuTYのクリティカル勝利だと思いました。

Round3

BPM:MIDDLE
TURN:8×3
Award Tour / A Tribe Called Quest

個人的には1試合目と同じ展開だなと思いました。TKの方が納得することを言っていましたしフロウとライムでも圧倒していました。問題のNOuTYの2バース目のフロウですが、TKにフロウ勝負を挑むのは無謀だと思いました。あとこのシーン、ワイプのLilyとIDの表情が対極で笑ってしまいました(笑)ちなみにLilyは肯定的でIDは否定的でした。そういうところだぞ、Lily。

結果は32でNOuTYの勝利。
わたしはTKの勝利だと思いました。

まとめ

ERONEはバトルスタイルを見直すべきか

ERONEのケツで踏むというバトルスタイルについて。良く言えば「昔からのバトルスタイルを貫き通している」、悪く言えば「古い」ですね。正直今のバトルシーン、ケツで踏み続けるだけでは物足りない気がします。韻に特化したMCが出てきたり、踏みながら対話できるMCが普通の時代になってきています。なのでケツで踏み続けるだけでは客が求めているハードルを越えることが出来ず厳しくなっていくのではないかと思います。ですが、ERONEには独特のワードセンスと迫力があります。これは他のMCには無いものなので、これらにフォーカスしたスタイルにしたほうが面白くなりそうですね。
まぁでもまだ序盤なので今後の活躍に期待ですね。

オススメDVD