転職エージェントを利用して分かったことを包み隠さず話します。

今、転職をするときに『転職エージェント』を利用して転職するのが一般的になっています。
確かに転職エージェントは転職を助けてくれるし、頼りになる存在です。
しかし、意外な落とし穴があるのも事実です。そんな落とし穴を実体験を交えながら
お話ししたいと思います。ぜひお付き合いください。
またこのサイトでは、よくある「本当に信頼できるエージェント!」と称して登録させる気はありません。
ただ淡々と、エージェントを利用して分かったことや感じたことをお伝えします。
読んでくださる人に少しでもお役に立てれば幸いです。

転職エージェントとは

人材紹介サービスのひとつである。
求職者が抱える様々な悩みを解決し、その求職者にとって最適な転職をお手伝いする存在のことである。

これだけではよく分かりませんね。実際にどのようなことをしてくれるのか紹介します。

無料で代わりに企業を探してくれる

まず、転職エージェントの利用料は無料です。無料の理由は後で出てきますが、企業から謝礼(紹介料)を受け取るからです。
また、転職希望者から相談を受けた後、代わりにその人に合った企業を探してくれます。

履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる

転職に欠かせないのが履歴書と職務経歴書の2つです。
ネットの情報を見て自分で添削してもよいですが、やはりプロに添削してもらった方が書類選考が通過しやすくなります。(体験済)

スケジュール管理を代わりにしてくれる

転職活動でネックになるのが「スケジュール管理」です。働きながら転職活動をしてる人は特にネックです。
しかし、エージェントは代わりに相手の企業に対して『〇日の夜にやってくれないか』『急遽キャンセル』などのスケジュール管理をやってくれます。
相手企業に連絡することは意外と疲れるので、これは本当にありがたいですね。

転職エージェントを利用した方がいい人

実務経験が3年以上ある人

実務経験が3年以上ある人は転職エージェントを利用した方がよいと思います。
3年以上働いている人は自分が思っている以上に信頼も市場価値もあります。エージェントを利用すれば、さらに良い企業に入社することができるでしょう。
もちろん同業他社へ転職する場合です。異業種に転職する場合は話しが変わってきます。

実務経験3年以下の人は?

実務経験3年以下の人は転職サイトを利用して自分で企業を探したほうがよいかもしれません。
正直実務経験3年以下はヒヨッ子です。転職先の企業での待遇面などは今の企業とさほど変わらないと思います。
もう一つの理由が、転職エージェントが持っている求人の必須項目には「実務経験3年以上」が多いからです。
「実務経験不問」と書いてある企業は正直「うーん。」という企業が多い印象です。

ちなみにわたしは実務経験1年ちょっとで転職しました。わたしの転職理由が知りたい方は↓
わたしがホワイト企業を辞めて転職した理由。ホワイトにも罠があった。

転職エージェントを実際に利用して分かったこと

わたしは転職エージェントを利用した経験があります。
その時に感じたこと、体験したことを包み隠さず述べていきたいと思います。

エージェントは神様ではなく、あくまで「営業」

まず転職エージェントがサポートしてくれることを箇条書きですが、簡単に紹介します。
・無料で相談が可能
・自分に合った企業を紹介してくれる
・面接対策が可能
・履歴書と職務経歴書の添削
・スケジュール管理、調整
・いつでも相談可能
・内定辞退の代行
思いつくだけでも、これだけのことをしてくれます。
まるで『神様』に思えてきます。

しかし誤解しないでください。エージェントはあくまでも『営業』です。
営業ノルマもあれば自分の生活もあります。
まず、エージェントがどのようにお金を稼いでいるか?それは最初に出てきた「紹介料」です。
自分が紹介した企業に転職希望者が転職(内定)を決めると、企業から紹介料をもらえます。
その額は〇十万から百万近くといわれています
これが原因でトラブルが起こることもあります。次で紹介します。

エージェントの仕組み

紹介した企業に内定を決めろとしつこい

上で述べましたが、エージェントは転職支援が成功する度に企業から大金をもらえます。
なので、自分が紹介した企業に絶対入社してほしいのです。
少し話しは変わって、わたしは転職活動の際、エージェントが紹介してくれた企業から内定をいただくことができました。しかし、その企業は滑り止めといった感じで内定承諾をする気はなかったので、「内定辞退したい」と伝えました。そしたらエージェントは「なぜだ」「こんなにも良い企業だぞ」「何が不満なんだ」「入社を決めた方がいい」など問い詰めてきました。しかも1週間近く。これが原因でエージェントを解約しました。
なぜ、こんなに問い詰めてきたのか。もちろん大金がかかってるからです。
最後にもう一回言いますが、エージェントは『神様』ではなく『営業』です。
もし、同じような状況になってしまった人は毅然とした態度で臨みましょう。自分の人生ですから、人に決められるものではありません。

ブラックに近い企業も紹介される

わたしの実務経験が乏しかったのが理由だと思いますが、紹介してくれた企業の中には『ブラック企業』と言われている企業もありました。
エージェントにおんぶにだっこではなく、紹介された企業は自分でも調べましょう。

ブラック企業についてはこちら↓
ブラック企業の見分け方は求人!?会社選びに失敗しない方法!

エージェント会社・エージェントによって当たり外れがある

まず、転職エージェント会社は必ず数社利用してください。各会社に特徴があります。
例えば、様々な業界をカバーしている。ある業界に特化している。大企業に強い。等々。
また、エージェントにも様々な人がいます。
例えば、頻繁に連絡をしてくれる人くれない人。レスポンスが早い人遅い人。等々。
当たり外れの感じ方は人それぞれだと思います。もし合わなかったら変えましょう。

もちろん利用して良かったこともある

これまでは転職エージェントのマイナス部分を語ってきましたが、良い部分ももちろんあります。

履歴書・職務経歴書の書き方を詳しく学ぶことができた

自分で作成した履歴書と職務経歴書では書類選考で落ちまくりでした。
そこで、エージェントに添削をしてもらいアドバイス通りに作成し直したら、書類選考の通過率が高まりました。
やはりプロは頼りになるなと思いました。

面接対策をしてくれた

就活の面接は経験済みですが、転職活動の面接は未経験でした。
「転職の面接は、こういうことが聞かれるよ。こう答えたほうがいいよ」など丁寧に教えていただけました。
おかげで対策を練ることができ、本番でもさほど緊張することなく面接に臨むことができました。

落ちても原因を教えてくれるので、自分の弱点を理解できた

エージェントが紹介した企業を受けて落ちた場合、その企業が落ちた理由を教えてくれます。
わたしの場合は『○○のレベルが足りない』『面接担当者を待っているときの態度が気になった』『面接中、目がきょろきょろしていて自信がないように見えた』などでした。
おかげで自分の弱点を理解することができ、克服することができました。
これは転職エージェントを利用したからこそできたことです。

まとめ

いかがでしたか?転職エージェントについての理解は深まりましたか?
転職エージェントにはメリット、デメリットが必ずあります。もし利用するのであれば上手に付き合うようにしましょう。
また、繰り返しになってしまうかもしれませんが、転職はその人の人生を大きく左右するものです。よって、最終判断は転職者がします。エージェントにおんぶにだっこは絶対やめましょう。
最後にこの記事が読んだ人のお役に立てれば本当に幸いです。
ありがとうございました。