いらない本(教科書・参考書)まとめて買取してもらった結果。

  • 学生時代に使用していた教科書や参考書、予備校のテキストまだ残っていませんか?
  • これらの処理に困っていませんか?

今回はこのような悩みを解決していきます!!

 

捨てるのはもったいない

わたしも最初は教科書やテキストを全て捨ててしまおうと考えました。しかし、これらを購入する際、いくらかかりましたか?決して安くはなったはずです。

ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。なので、思いきって教科書や参考書を全て売りました。

 

利用したサイト

学参プラザ

利用したのは学参プラザです。

 

学参プラザは大学受験でよく使用される参考書や問題集を高価買取してくれます。

  • 20冊以上で送料無料
  • 自動集荷サービス
  • 予備校や中学・高校受験のテキストでもOK
  • 条件を全て満たせば買取金額25%アップ

(ダンボールを自分で用意する・査定金額5000円以上・査定結果自動承認など)

等、様々なサービスがあります。至れり尽くせりですね。

 

その他のサイト

小学校から大学、専門学校まで幅広い教科書を買取してくれます。また、幼児教育の本も買取してくれます。

 

中学・高校の教科書だけでなく、IT関連の資格書や会計士、弁護士、税理士などの教材やテキストも高価買取対象としています。

 

 

実際に売ったモノと査定結果

今回実際に売ったモノは、

 

高校の教科書&問題集約25冊

 

辞書4冊

 

専門書約15冊

 

専門書約15冊

 

合計約60冊

 

気になる査定結果は

2441円でした!

 

 

まとめ

高く売れたと思いますか?それとも安いですか?おそらく、ほとんどの人は安いと答えると思います。

しかし、わたしは高く売れたと考えます。なぜなら、教科書や参考書に書き込みがある状態でこの値段だからです。(書き込みのある教科書の画像はありません

書き込みが無かったら1万前後で売れたのではないでしょうか?

皆さんも教科書や参考書を捨てないで売ってみてはいかがでしょうか?それが例え書き込みがあったり、汚れていたとしても。

 

 

↓フォローお願いします!!

@IT_dokata_blog