【資格】漢検2級のレベルは?10日以内で合格する方法とは!?

  • 漢検2級の難易度は?
  • 取得するメリットは?
  • 勉強時間はどれくらい必要?

など疑問があると思います。これらについて説明していきます。

 

漢検準2級の攻略法はコチラ!

【資格】漢検準2級のレベルは?10日以内で合格する方法とは!?

 

漢検3級の攻略法はコチラ!

漢検3級レベルなら、5日間集中して勉強すれば合格できる!

 

漢字能力検定とは

 

「漢検(日本漢字能力検定)」は、漢字能力を測定する技能検定です。漢字を「読む」「書く」という知識量のみならず、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。「漢検」の評価は社会的な評価でもあり、学んだことがすぐ生き、生涯楽しく学べ、進学や就職にも役立つため教育や企業の現場で今注目を集めている検定です。漢字は年齢に関係なく学べる身近な学習対象であるため、3歳から102歳という幅広い年齢層の方が「漢検」に挑戦しています。

https://www.kanken.or.jp/kanken/outline/

 

 

漢検2級の難易度

 

漢検2級の難易度高校卒業・大学・一般程度です。

そして対象漢字数2136文字です。

 

いやー。多いですね。2000ですよ。2000(笑)この数字をみて画面の向こうの人はこんな顔しているのではないでしょうか(笑)

その気持ちよーーーくわかります。

 

ですが、もう一度難易度を見てください。

 

「高校卒業・大学・一般程度」

 

そう。難しくても一般程度なんです。一般程度ということは日常生活で目にする漢字ということなんです。

 

ちなみに、2136文字中、1700文字くらいは高校までに習います。よって大学生以上は大体300~400文字勉強すればよいのです。

 

どうですか?少し安心しましたか?

 

もし難しいのであれば、一個前の級を取得してから挑んでみてもいいと思います。

取得するメリット

 

では漢検2級を取得してどのようなメリットがあるのでしょうか。

それは取得した年齢・時期によって変わってきます。

 

  • 中学生…かなり凄いです。進学に非常に有利に働きます。
  • 高校生…凄いです。進学に非常に有利に働きます。
  • 大学生以上…凄くはないですが、就職や転職のときに話のネタになります。

 

大学生以上の人は取らない方がいいのかと思うかもしれません。でも就職・転職の面接の話のネタになるということは、面接官からの印象が非常に良くなるということです。積極的に取りましょう。

 

勉強時間・勉強方法

 

どのくらい勉強すればよいのか。気になりますよね。

 

これは実体験ですが、20時間くらいあれば十分だと思います。

実際、1日2時間の学習を10日間続けて合格しました。

 

具体的には、過去問をまず3週してください。このとき解けない問題がたくさんあるのは当たり前です。どんどん解いてください。3週目の時に解けなかった問題にチェックしておいてください。あとはそこを重点的に勉強すればOKです。

 

この方法には理由があります。1週目と2週目で、解ける問題は知識として吸収できています。完全に覚えています。一方、3週目なのに解けないということは、かなり苦手ということです。

 

次からは例題を踏まえて出題範囲・内容を見ていきます。

 

漢検2級の出題範囲・内容・例題

漢字の読み

 

次の漢字をひらがなで書きます。

 

(例)

酪農・刹那・彙報・甚大・憤り

 

どうですか?みなさん読めましたか?

おそらくですが大体の人は2、3問読めると思います。

それは普段の生活で目にしているからです。

2級の読みはこの程度ということです。

 

(答え)らくのう・せつな・いほう・じんだい・いきどおり

 

漢字の書き取り

 

カタカナを漢字に直します。

 

(例)

日本全国をモウラする・長年保っていたキンコウが破られる・差別テッパイには賛成だ・船が波にホンロウされる・シャワーよりヨクソウに浸かるほうが好きだ

 

どうですか?みなさん分かりましたか?

ちょっと難しいですね。前後の文章からイメージして答えを導き出すというのも一つの方法です。

 

(答え)網羅・均衡・撤廃・翻弄・浴槽

 

熟語の構成

 

これは熟語が

同じような意味の漢字を重ねたもの」

反対または対応の意味を表す字を重ねたもの」

「上の字が下の字を修飾しているもの」

「下の字が上の字の目的語・補語になっているもの」

「上の字が下の字の意味を打ち消しているもの」

の中から判断するものです。

 

(例)

身体

「同じような意味の漢字を重ねたもの」

これは分かりますね。

『身体』『体』です。

 

無力

「上の字が下の字の意味を打ち消しているもの」

これはどうですか。上の「無」が力を打ち消しています。

実は裏技がありまして、上の字が「無」「非」「不」「未」の場合、高確率でこの答えです。

 

寒暖

反対または対応の意味を表す字を重ねたもの」

これはイメージしやすいと思います。寒いと暖かいは反対ですね。

 

駄作

「上の字が下の字を修飾しているもの」

これはどうでしょうか。説明すると、「駄作」はどういう「作品」でしょうか。そう、「駄目」な「作品」ですね。よって上の字が下の字を修飾していることが分かります。

 

これは準2級と2級に差は感じられません。

 

対義語・類義語

 

「対義語」は意味が反対の言葉。「類義語」は意味が似ている言葉です。それを漢字で書きます。

 

(例)

2級

【対義語】

絶賛←→酷評 尊敬←→侮辱

【類義語】

飢餓=枯渇 辛抱=忍耐

 

難しそうですが選択式なのでそんなに怖いものではありません。

過去問をしっかり解きましょう。

誤字訂正

 

文章中に誤字が1文字あるので、それを修正します。

 

(例)

今月半ばに全国各地で法案の徹廃を求める運動が実施される。

 

コツはしっかり一文字一文字問題文を読むことです。流す感じで読んではいけません。

 

(答え)徹→撤

 

四字熟語

 

( )内に入る適切な語を選び、漢字に直して四字熟語を完成させる。

 

(例)

紳士(  )・旧態(  )

 

聞いたことも見たことないものが多いです。

過去問をしっかり解きましょう。そのとき四字熟語の意味も理解すること。

 

(答え)淑女・依然

 

同音・同訓文字

 

同じ読みのカタカナを漢字で書きます。

 

(例)

明日は地区大会のケッショウ戦が行われる。

雪のケッショウはとても小さい。

 

(答え)決勝・結晶

 

部首

 

部首名を答えるものです。

正直、一番難しいですが、一番点数が低いです。まずは例題を。

 

(例)

2級 |弔→弓 碁→石 囚→口

 

ね。難しいでしょう?しかし正直点数も低いし、多くの勉強時間を費やすところではありません。

暇なときに回答を眺めて暗記しましょう。

半分くらいは勘でも正解します。本当です。

 

送り仮名

 

カタカナを漢字一字と送りがな(ひらがな)に直します。

 

(例)

未来がオビヤカサレル・スーツの縫い目がホコロビル・人の失敗をアザケル

 

特別難しい漢字は出題されません。しかし送り仮名がややこしいです。どれもニュースや新聞で目にするレベルなので意識してみましょう。過去問もしっかり解きましょう。

 

(答え)脅かされる・綻びる・嘲る

 

まとめ・注意点

 

どうでしょうか?予想していたよりは簡単だと思います。

 

ちなみに合格率ですが20%です。

合格ライン200点満点中160点です。8割ですね。

 

合格率が低いと思いますが、これは試験本番受験しなかった人も含めている数値なので実際はもっと高いです。おそらく25%~30%だと思います。

 

あと、クセ字に注意してください!!(ハネや止め。汚字)これで点数落とすのはもったいないです!

 

最後に、テキストに直接書き込んではダメですよ。ノートに書きましょう。あと、声を出しながら書くとさらにgood。

 

このサイトに書いてあることを守っていただければ必ず合格できます。

頭が良くないわたしが実際に合格しているのですから。

 

 

それでは皆様の合格を祈っております!!

漢検準2級の攻略法はコチラ!

【資格】漢検準2級のレベルは?10日以内で合格する方法とは!?

 

漢検3級の攻略法はコチラ!

漢検3級レベルなら、5日間集中して勉強すれば合格できる!

 

オススメ問題集

漢検2級 過去問題集 2019年度版 [ 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 ]
created by Rinker
¥1,296 (2019/09/22 11:50:18時点 楽天市場調べ-詳細)
お得
評価: 5.03年振りに購入。2002年に合格。読み問題は30点満点。実力は保たれている。
3年前と同じく13回分収録。2級迄は地域によって問題が違うから13回分も収録とこういう訳。
現在準1級の再合格を目指しているのだが、足固めとして2級の検定も受けたいと考えているところ。
2級迄と準1級・1級は別次元。1級・準1級の問題集と違い、お得だね。
安定感抜群の過去問題集だね。

評価: 4.0娘の勉強のために購入しました
準二級の時もこちらと同じものを購入し、勉強がしやすかったようだったので、今回も購入しました。