速く走るコツは手の形とケンケンパ!?2秒速くなれ!!

春には体力テスト、秋には運動会。

このような学生さん多いのではないでしょうか?

そして、これらの花形種目は50m走、徒競走、リレーですよね。

足の速い人はアピールできるチャンスですが、足の遅い子にとっては

チャンスでもなんでもありません。

むしろマイナスプロモーションですよね。

 

でも大丈夫!これから紹介することを実行すれば必ず速くなります!!

 

手の形について

グーやチョップ(パー)は速くならない!?

まず、初めに何も意識せず走る姿を想像したり、腕を振ったり、

可能でしたら実際に軽く走ってみてください。

おそらくですが、手の形が「グー」か「チョップ(パー)」になりませんか?

「グー」の形

「チョップ(パー)」の形

 

もちろん、これらの手の形でも十分速く走ることができます。

しかし、より速く走ることができる手の形があるのです!

 

「グー」や「チョップ(パー)」が悪いということではありません。

 

ズバリ、手の形は「卵」!

一番、速く走ることができる手の形は、ずばり「卵」です!

「卵」の形

「卵」の形を上から見た図

空洞が卵の形に似てるから「卵」です。(似てないか・・・)

あと、手袋は気にしないでください(笑)

 

では、速く走ることができる理由を教えたいと思います。

 

理由は簡単で、手の中を空洞にすることで空気は手の中を抜けていき、

手にかかる空気の力が少なくなります。

難しく言うと、空気抵抗が少なくなるのです。

また、「卵」は手に力を入れなくてよいので、他の部分(腕の振り、フォーム)に

力を入れたり、集中することができます。

空気抵抗とは?

 

学生時代に実際に「卵」で走りましたが、本当に速くなりました。

詳しくはまとめでお話します。

 

アスリートはみんなグーやチョップ(パー)だけど?

このように思ったアナタ、鋭いですね。

確かに、テレビでアスリートの走りを見ると、手の形が「卵」の人はまずいません。

なぜだと思いますか?

 

彼らは何年もの間、何十本、何百本、あるいは何千本と走ってきたのです。

その中で、自分の理想の手の形やフォームを見つけたのです。

それが例え「グー」でも「チョップ(パー)」でも。これが彼らが

一番速く走ることができる手の形やフォームなのです。

 

しかし、みなさんは違いますよね?

自分が一番速く走ることのできる走り方なんてわかりませんよね?

だったら、「卵」でその瞬間だけでも、速く走っちゃいましょう!

 

走る前にやるべきこと

ケンケンパは確実に速くなる!

もし、今可能でしたらケンケンパをやってみてください。

・・・実際にやってみましたか?

やった方はある変化に気づくはずです。

 

その変化とは、つま先で歩くことが癖になっていることです。(一時的ですが)

 

では、つま先で歩く癖が身につくメリットは何なのか。

それを教えたいと思います。

 

まず、足が速くない人は足の裏全面を地面につけて走っている場合がほとんどです。

そうしてしまうと、一歩一歩に時間がかかってしまい遅くなってしまいます。

かつ、地面を強く蹴ることができません。

対して、つま先で走ると、一歩一歩が速くなります。

また、地面を強く蹴ることができより速く走ることができます。

 

輪ゴムでも速くなる!

実は、輪ゴム1本でも速くはしることができます。

 

では、輪ゴムをどのように使うのかを教えたいと思います。

  1. 足首に輪ゴムをかける。
  2. その輪ゴムを伸ばしつつ一回ひねる。
  3. 足の親指に引っ掛ける。

 

これで速く走ることができるのが不思議ですよね。でも理由は簡単です。

輪ゴムの弾力でつま先があがり、地面を強く蹴ることができるのです。

 

画像は靴下を履いていますが、これだと輪ゴムが外れてしまう場合があります。

なので、五本指ソックスが良いと思います。

ちなみに、裸足だと痛いのでやめておきましょう。

 

靴によって速くなる!?

わたしは詳しく知りませんが、速く走ることができる靴があるらしいですね。

聞いた事があるのはアキレスさんから発売されている「瞬足」だけです。

アキレス Achilles 瞬足 しゅんそく
created by Rinker

アウトソール(靴底)に、空気を閉じ込めたエアセル(空気室)を搭載し、そのエアセルが着地時にクッションとなり、衝撃を吸収するらしいです。また、トラック競争で左回りのコーナーを攻略するための左右非対称設計ソールを搭載しています。

 

その他にも、「スーパースター」「レーザービーム」があるらしいです。

[スーパースター] 運動靴 通学履き 耐久性UP 19cm~24.5cm キッズ SS J879
created by Rinker

ムーンスター独自開発の特殊なゴムを靴底に搭載し、地面を踏みこむときにパワーを蓄積し、蹴り出すと同時に一気にパワーを推進力に変えるらしいです。

 

[アシックス] 運動靴 LAZERBEAM SC 20.0㎝ – 25.0㎝ (現行モデル) キッズ
created by Rinker

蹴り出し時のエネルギーロスを低減、かつブレを軽減してサポート力を高めるアッパーの大型補強など、キック力を効率よく路面に伝えることを考えた1足らしいです。

 

※ご購入の際はサイズに注意してください。

 

その他の方法

 

  • 一歩目を利き足にする

これは当たり前かもしれませんね。利き足で走り出すようにしましょう。

ということは、「よ~い」のときに効き足を後ろに下げます。

 

利き足が分からないという人は、ふら~っと前に倒れてみてください。

その時、自然に足が前に一歩踏み出しませんか?

その踏み出した足が利き足ということです。

本当に倒れてはダメですよ。

 

 

  • 走り出す前は前傾姿勢

足が速くない人は「よ~い」のとき、上半身がまっすぐの人が多いです。

これでは真正面から空気の力を受けてしまいます。

走り出す前は前傾姿勢、極力姿勢を低くしてください。

 

また走り出すときは、何かを頭から突き破るくらいの勢いで走り出してください。

ちなみに自分は頭からガラスを突き破るのを想像していました(笑)

 

 

  • 靴ひもを固く(きつく)結ぶ

靴がゆるいと地面を強く蹴ることができません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

知らない方法が見つかったのではないでしょうか。

 

ちなみに、たしは学生時代に上記の方法をすべて試しました。(速くなる靴以外)

その結果、50m走の記録が8.65秒→7.23秒になりました。

凄くないですか!?

 

これから走る機会がある人はぜひお試しください!

絶対に速くなります!

 

最後に、補足させてください。

まずタイトルに「2秒」とありますが個人差があります。

また、10秒→8秒は可能性がありますが、7秒→5秒は絶対にありえません。

誤解の無いようにお願いします。

 

それでは!