わたしがホワイト企業を辞めて転職した理由。ホワイトにも罠があった。

転職理由には様々な理由があると思います。「キャリアアップ」「人間関係」「ハラスメント」「残業」等々…。
実はわたしは一度転職を経験しています。前職は俗に言う『ホワイト企業』でした。
残業が少ない、人間関係も良好、給料の額に不満なし、福利厚生が整っていた。
こんないい会社なのに、なぜ辞めて転職をしたのか?少しお話してみたいと思います。
また、今のアナタの状態が前職のわたしと同じ境遇という人がいると思います。そういう方のお役に立てれば幸いです。

ホワイト企業とは

ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。反意語にはブラック企業という言葉が存在しており、従業員への待遇が酷い企業という意味で使われている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E4%BC%81%E6%A5%AD

大体、皆さんが想像した通りだと思います。

関連する記事
ブラック企業の見分け方は求人!?会社選びに失敗しない方法!

ホワイト企業を辞めた理由

環境が悪かった

前の職場は確かに不満は少なかったです。しかし、0ではありません。いくつかありました。
その1つが「環境の悪さ」でした。
詳しく書くと特定されるので、アバウトに書きますが、
前の職場は元々倉庫だったのを改良・増築したものでした。
なので、床や壁やドアはボロボロの部分があったり、
廊下にクーラーが無く、夏は猛暑、冬は極寒でした。
この程度だけなら耐えられますが、どうしても耐えられないものがありました。
それは「トイレ」です。
増築のときに取って付けたようなトイレだったので、小便器が2つ、大便器が和式で1つ(ここ重要)
かなりしんどいです。
しかし、1番しんどかったのは、窓が無いうえに空調がほぼ機能しておらず臭いにおいが早く消えないことでした。
これには、日々ストレスが溜まっていきました。

職務内容に興味を持てなかった

就職活動などで企業を選ぶとき、職務内容を重要視すると思います。
しかし、わたしは夏になっても内定を1つももらうことができていませんでした。

関連する記事
内定がない?夏になっても0?任せなさいどうにかします

「早く内定もらいたい・・・」こんな気持ちから職務内容をほぼ見ないでとりあえず就職をしました。
冒頭でも書いたように人間関係も比較的良好で、残業も少なく比較的良い企業に入社できました。
しかし、職務内容に全く興味が持てませんでした。
目標であったシステムエンジニアにはなれたものの、クライアントの業界は人生で一度も興味を持ったことがないものでした。
よって、その業界のことを勉強する気になれませんでしたし、それに関する自社システムや自社商品も勉強する気になりませんでした。
日に日に仕事へのモチベーションは下がり、やる気が無くなってしまいました。

もし今、就職活動や転職活動を考えている人は、必ず「職務内容」を重視しましょう。

仕事が無くなった(社内ニート化)

入社してから1年間は研修や簡単な仕事がありました。
ある日「○○君にできるレベルの仕事ないから待機しててね」と告げられました。
最初は1、2週間くらいだと思っていました。
しかし、1カ月、2カ月経っても仕事をもらえる気配はありませんでした。
最終的には半年間、仕事をもらうことができませんでした。
その間、自主学習や資格取得に向けて勉強して気を紛らわそうとしましたが無駄でした。
「組織の中で自分だけ何もやらない」というのは罪悪感、反抗心などが芽生えメンタルがやられます。
結果、メンタルがやられ、ズル休みが増え、会社を辞めたいと思うようになりました。

「社内ニート」って存在しないものだと思っていたのですが、実在するんですね(笑)

社内ニート(しゃないニート)とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E5%86%85%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88

おまけ:社内ニートの一日

8:30 出社
8:40 ネットニュースのチェック、スマホを軽くいじる
8:50

│  仕事をしているフリ、気が向いたら自主勉強

17:30  退社

これはひどい(笑)

まとめ

辞めた理由の「職務内容に興味が持てなかった」は頑張れば克服できると思います。
残りの2つはどうしようもありません。
もし、この記事を見ていて、就職や転職活動をしている人は、面接の時に
「トイレを貸していただけますか」「入社後数年間、どのようなお仕事を任せてもらえますか」など
質問をかならずしましょう。
就活生は新卒カードを無駄にしてしまいますし、転職者は経歴に傷がつきます。
現に私は、新卒カードを無駄にしました。そして転職活動にかなり苦労しました。

ホワイトに近い企業でも欠点はあります。みなさんも気を付けましょう。